浦和のオリヴェイラ監督&槙野、疑惑判定に不満露わ「面白い試合の流れを変えてしまう」

(左から) 槙野、オリヴェイラ監督【写真:Getty Images】
(左から) 槙野、オリヴェイラ監督【写真:Getty Images】

鳥栖戦の終了間際、CKから浦和FW李が押し込むもノーゴール判定

 浦和レッズのオズワルド・オリヴェイラ監督と日本代表DF槙野智章は、敵地に乗り込んだ11日のJ1第21節サガン鳥栖戦の試合終了間際に起こった判定に対して不満を隠せない様子だった。

 問題のシーンが起きたのは、鳥栖が1-0とリードした後半43分だった。右コーナーキックを得た浦和はMF柏木陽介がファーサイドにボールを上げると、DFマウリシオがヘディングシュート。これを鳥栖DF小林祐三がゴールライン上でクリアしたが、ゴールポストに当たったところをFW李忠成が押し込んだ。

 しかし、ここでメインスタンド側の村上孝治アシスタントレフェリーは、李がボールを蹴り込んだ後にフラッグを上げた。オフサイドにはなり得ないプレーだったが、ゴール前で李のプレーにファウルがあったとして得点は取り消された。李はファーサイドにボールが飛んだ際に、わずかにGK権田修一と接触していたが、あまりにも軽微なものだった。

 さらに、その時点で村上副審もファウルを示す頭上で振る形でフラッグは上げておらず、ボールがゴールに入った後にオフサイドを示す時のように垂直にフラッグを上げていた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング