FK対策で寝そべる“衝撃の壁”が反響拡大 海外ファンも驚愕「これぞ戦士」「効率的」

アルコバがFK対策で寝そべる衝撃行動を見せた【写真:Getty Images】
アルコバがFK対策で寝そべる衝撃行動を見せた【写真:Getty Images】

メキシコリーグのサントスDFアルコバがFKで壁の後ろに寝そべって待機する衝撃行動

 ロシア・ワールドカップ(W杯)に日本代表として出場したMF本田圭佑がプレーしたリーガMX(メキシコリーグ)は、現地時間21日に2018-19シーズンが開幕。第1節にFKの場面で壁の後ろに寝そべってグラウンダーの一撃に備える衝撃プレーが飛び出し、「発明した壁」と海外メディアで話題の的となったが、サポーター間でも「これぞ戦士」「オーソドックスだけど効率的」と反響を呼んでいる。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 現地時間22日のサントス・ラグーナ対ロボスBUAPの一戦で、その瞬間は訪れた。

 ホームのサントスはロボスに先制を許したが、後半2分にウルグアイ代表FWブライアン・ロザーノのゴールで同点に追いつくと、同12分にウルグアイ代表FWジョナタン・ロドリゲスが勝ち越し弾を決めて一気に逆転。リードを保ったまま、後半アディショナルタイムを迎えた。

 しかし、サントスは試合終了直前にペナルティーアーク付近でFKを献上。壁に6人を配置したが、壁の背後に何やら懸命にポジションを取る人影が……。よく見ると、33歳のウルグアイ人DFジェラルド・アルコバが壁の足元のコースを封じるべく、ピッチに寝そべっている。ロボスのエクアドル代表MFガブリエル・コルテスが蹴ったボールはグラウンダーではなく、飛んだ壁が体に当てて防いたが、その斬新な守備は海外メディアでもすぐに「独特なディフェンス戦略」「未来の壁」「発明した壁!」と報じられた。

 サントスも24日にクラブ公式フェイスブックで、アルコバがハンドにならないように両手を背中に隠し、“ノーガード”で横たわっている決定的瞬間の写真を公開。「毎試合、人生ではリスクを冒すべきだ。いいぞ、アルコバ!」と体を張ったプレーを称えた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング