「本当にイラついた」DF昌子、拳でピッチ叩き感情露わ 励ます言葉をかけたのは…

試合後悔しさをにじませた昌子源【写真:Getty Images】
試合後悔しさをにじませた昌子源【写真:Getty Images】

ベルギーに2-0から3連続失点で逆転負け 「とにかく悔しかった」

 日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギーと激突し、2点を先行するも追いつかれ、後半アディショナルタイムに痛恨の逆転ゴールを許して2-3で敗れた。試合終了直後、膝を地面についてピッチを激しく叩いていたDF昌子源は、「とにかく悔しかった」と自身の行動を振り返っている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「前半はしんどかったです。0-0になってイラついてくれれば僕らのペースになると感じていた。後半そういう展開になって、先制点も良い形で取れた」

 前半を0-0で折り返した日本は、後半3分にMF原口元気の一撃で先制すると、同7分にはMF乾貴士が強烈な無回転ミドルを叩き込んで2-0とリードを奪う理想的な展開となった。ところが同24分にDFヤン・フェルトンゲン、同29分にMFマルアン・フェライニにゴールを許して2-2となると、同アディショナルタイムにMFナセル・シャドリに決勝点を奪われてサムライブルーは力尽きた。

 3点目を奪われ、試合を再開した直後に終了の笛がなると、青いユニフォームの選手たちが一斉に肩を落とす。そのなかでピッチに膝をつき、地面を何度も叩く昌子の姿があった。DF吉田麻也とCBコンビを組み、後半途中までベルギーの攻撃を上手く抑え込んでいたが、後半24分から痛恨の3失点。2点リードするまで思惑通りの流れだっただけに、まさかの逆転劇は堪えた。

「あまり覚えていない。とにかく悔しかった。本当にイラついていた。めっちゃ自分に」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング