南アフリカW杯戦士の松井大輔、西野Jの8強入りへエール 「魅せてくれ語り継がれる試合を!」

2010年大会メンバーである松井が、西野ジャパンにエールを送っている【写真:Getty Images】
2010年大会メンバーである松井が、西野ジャパンにエールを送っている【写真:Getty Images】

ベスト16敗退の2010年大会メンバー松井がSNSで思い「僕らも行きたかったベスト8」

 日本代表は現地時間7月2日(現地21時キックオフ/日本3日3時)、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦する。日本史上初のW杯ベスト8進出に向けて勝利を目指すなか、2010年南アフリアW杯のメンバーであるMF松井大輔(横浜FC)は、自身のインスタグラムで「魅せてくれ語り継がれる試合を!」と西野ジャパンにエールを送った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本は今大会、グループリーグ初戦のコロンビア戦に2-1で勝利。W杯でアジア勢として初めて南米勢を破る快挙を成し遂げると、続くセネガル戦でも1点ビハインドのなかで途中出場のMF本田圭佑が同点ゴールを決めて2-2の引き分けに持ち込んだ。最終戦のポーランド戦には敗れたものの、勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果で並んだセネガルにフェアプレーポイントでイエローカード2枚分上回り、2002年、2010年に続いて3度目となる決勝トーナメント進出を果たした。

 決勝トーナメント1回戦で激突するのは、FIFAランキング3位のベルギー。MFケビン・デ・ブライネ、FWエデン・アザール、FWロメル・ルカクら欧州トップレベルの選手を多く擁する強豪だ。通算直接対決では2勝2分1敗と勝ち越しているものの、昨年11月の国際親善試合ではルカクにゴールを許して0-1で敗れている。

 日本史上初のW杯ベスト8を懸けた試合を控え、元日本代表MF松井が自身の公式インスタグラムを更新。「僕らも行きたかったベスト8。今夜、歴史が変わると信じて応援しよう。魅せてくれ語り継がれる試合を!」とメッセージを綴った。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング