ベルギー監督を知る英紙記者が分析、3つの弱点とは? 「日本にチャンスは…」

ロベルト・マルティネス監督の番記者を長年務めたジョナサン・ノースクロフト記者が分析する3つの弱点とは?【写真:Getty Images】
ロベルト・マルティネス監督の番記者を長年務めたジョナサン・ノースクロフト記者が分析する3つの弱点とは?【写真:Getty Images】

マルティネス監督の元番記者が指摘

 日本代表は現地時間2日にロストフ・アレーナで行われるロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で、FIFAランキング3位の強豪ベルギー代表と対戦する。「赤い悪魔」と称されるベルギー代表について、ロベルト・マルティネス監督の番記者を長年務めた英紙「サンデー・タイムズ」のサッカー担当キャップ、ジョナサン・ノースクロフト記者が分析。「今大会ベストチーム」と称賛する一方で、致命傷となり得る弱点の存在も指摘している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「マルティネスが率いるベルギーは、ロシア・ワールドカップでのベストチームだと思う。正直なところ、日本にチャンスはあまりないのでは……。ベルギーにクオリティーが高い選手がいるのは言うまでもないが、今大会で印象的なのはしっかり組織的にプレーしている点だ。マルティネスが見事にチームをまとめている印象がある」

 ノースクロフト記者は、マルティネス監督が2013-14シーズンから15-16シーズンまで率いたエバートン時代、その直前のウィガン時代にも番記者を務めていた。

 司令塔のMFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)、天才ドリブラーとして名高いFWエデン・アザール(チェルシー)、得点源であるFWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)、守護神のGKティボー・クルトワ(チェルシー)らスーパースター勢揃いのチームだが、それぞれの個性を融合させ超攻撃的なサッカーをピッチ上で体現できているのは、マルティネス監督の手腕あってこそだという。

「爆発的な攻撃力を見せつけていると同時に守備も素晴らしい。日本もロシアでは予想をはるかに凌ぐ良いサッカーをしているが、優勝候補のチームに当たるとなると、話は変わってくるだろう」

 日本代表も下馬評を覆して16強に進出したが、ベルギーの爆発力は大会随一で比較は困難だという。そんなベルギーに、死角はあるのだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング