リバプール、コバチッチではなくインテルからブラジル代表MFを獲得か

同じインテルからの移籍で方針転換

 プレミリーグのリバプールが、インテルのブラジル代表MFエルナネスを獲得する可能性が浮上している。英地元紙「デイリー・エクスプレス」が報じた。
 
 リバプールは先日、攻撃的MFやFWとしてプレー可能なブラジル代表MFフィルミーノをドイツのホッヘンハイムから移籍金推定4000万ユーロ(約55億円)で獲得したばかり。以前からインテルMFマテオ・コバチッチへの興味も再三報道されてきたが、インテルがコバチッチ残留を主張。フィルミーノに大金を注ぎ込んでいることもあり、3000万ユーロ(約41億円)という値段の付けられたクロアチア代表の獲得は断念 したようだ。
 記事によると、インテルは30歳を迎えたエルナネスの移籍を容認しており、リバプールがターゲットを変更したと報じている。エルナネスは左右両足を自在に使いこなし、中盤ならトップ下とボランチをこなす万能な選手だ。
 インテルはASモナコからフランス代表MFジョフレイ・コンドグビアの加入が決定し、さらにマルセイユのフランス人MFジャネリ・インビュラの獲得も間近に迫っている。そのためMFの数選手を放出し、人員整理を行うと予測されている。エルナネスのほかに、コロンビア代表MFフレディ・グアリンも放出候補であると伝えられている。
 リバプールは今季プレミアリーグ6位。インテルはセリエAで8位に終わった。来季の欧州チャンピオンズリーグ出場権を逃した 両クラブは、新シーズンの復権に向けて積極的な補強に動いている。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング