W杯優勝戦士リトバルスキーが「ハメス攻略法」を指南 活路は“マラドーナ対策”にあり

1990年W杯優勝戦士のリトバルスキー氏が説く、ハメス攻略法とは?【写真:AP】
1990年W杯優勝戦士のリトバルスキー氏が説く、ハメス攻略法とは?【写真:AP】

ハメスを1対1で止めることは不可能…鍵を握るのはチームワーク

 日本代表は19日にロシア・ワールドカップ(W杯)初陣を迎え、グループリーグ初戦でコロンビアと対戦する。4年前のブラジル大会で1-4と完敗を喫した相手にリベンジを期す戦いとなるが、やはり警戒すべきは司令塔のハメス・ロドリゲス(バイエルン)だろう。抜群のテクニックと決定力を誇る「10番」をいかに止めればいいのか。

 現在、ドイツ1部ヴォルフスブルクのスカウティング部長を務める元西ドイツ(当時)代表MFピエール・リトバルスキー氏が、西野ジャパンが挑む命題に切り込んだ。

「ハメスはコロンビア最大のキーマンです。日本代表は最大限のケアが必要ですが、正直ハメスを1対1で止めることは不可能でしょう。彼はオフ・ザ・ボールの動きも狡猾で、ボールに気を取られているうちに、DFの背後を取ってしまう。同じサイドにボールがある時にもDFラインの背後に走り込む。テクニックも素晴らしいですね」

 現役時代に天才ドリブラーとして知られ、1990年イタリアW杯で西ドイツ代表の優勝メンバーとなったリトバルスキー氏はこう語った。

 フジテレビのW杯中継で「ワールドカップスペシャルサポーターズ」として特別解説を務めるために来日し、単独取材に応じてくれた同氏の目には、4年前に日本が屈したハメスを1対1で食い止められる選手は、西野ジャパンにはいないと映ったようだ。

 しかし、1対1で止めるのがいかに困難でも、ハメスの影響力を最低限にとどめる術は存在する。「チームワークしかない」とリトバルスキー氏は語る。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価