コロンビアの“要注意人物”ハメスの凄さとは? ドイツ在住日本人コーチがプレーを分析

中野氏はハメスの凄さについて「間合いの取り方が非常に巧み」と語る【写真:Getty Images】
中野氏はハメスの凄さについて「間合いの取り方が非常に巧み」と語る【写真:Getty Images】

日本代表の前に再び立ちはだかる天才レフティー 「間合いの取り方が非常に巧み」

 日本代表は19日に、いよいよロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第1戦のコロンビア代表戦を迎える。今大会での命運を左右する大一番となるが、日本が最も警戒すべき相手といえば、やはり「背番号10」をつける左利きのMFハメス・ロドリゲスだろう。

 負傷により初戦の日本戦を欠場する可能性も報じられているが、出場すれば日本が1-4と惨敗した4年前のブラジルW杯の試合でも1得点を決めたエースをいかに止めるかが、最大のテーマとなる。コロンビアの10番のプレーは、何が凄いのか。ドイツ在住の日本人コーチである中野吉之伴氏に、今季バイエルン・ミュンヘンで輝きを放ったハメスのプレーを分析してもらった。

   ◇    ◇    ◇

 ハメス・ロドリゲスの凄さとは、どこにあるのだろうか。

 まずハメスはボールを失わない。技術レベルが極めて高いというのはもちろんだが、技術とはある限られた局面でしか発揮できないものであってはならない。たとえ狭いスペースで相手からのプレッシャーを受けながらでも、状況に応じた駆け引きの中で相手を上回るスキルが求められるわけだが、ハメスにはそれがある。スムーズにスペースへボールを運びながら、ボールをコントロールしてみせる。

 だが、そうしたスキルが優れているからというだけが、「なぜハメスはボールを失わないのか」という理由にはならない。彼は間合いの取り方が非常に巧みなのだ。

 相手が簡単に飛び込めないように距離を微調整しながら、ボールを受ける前の諸動作で相手をけん制する。相手が間合いを詰めて激しく取りに来たらタイミング良くスッと距離を取って、直撃を避ける。コンタクトが要求される局面でも最近は上半身をうまく使いながら潰されることなく、ボールをさばいていくことができている。相手に体重を預けながらでも体勢を崩さない、“軸”の取り方が上手いのだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング