スペインの名手セスク、同胞GKデ・ヘアの痛恨失点にショック 「異常なミス」

セスク(左)はデ・ヘア(右)のミスに驚きを隠せない様子だった【写真:Getty Images】
セスク(左)はデ・ヘア(右)のミスに驚きを隠せない様子だった【写真:Getty Images】

ロナウドのミドルを処理しきれず、後ろに逸らして失点

 スペイン代表は現地時間15日、ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ初戦でポルトガルと対戦。壮絶な打ち合いの末に、“イベリア半島ダービー”は3-3の引き分けで幕を閉じた。試合では、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのミドルシュートを逸らして失点する痛恨のプレーを犯したが、元スペイン代表MFセスク・ファブレガスは「異常なミス」と驚きを隠せない様子だった。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

 1-1で迎えた前半44分、その瞬間は訪れた。ロナウドがペナルティーエリア外から左足を振り抜いたシュートはデ・ヘアのほぼ正面に飛んだ。しかし、自身の目の前でバウンドしたボールに対して下向きに両手を出したが、弾いて後ろに逸らしてしまい、そのままゴールを許してしまった。

 この痛恨のミスを海外メディアは取り上げ、同紙も「ファブレガスはユナイテッドのスターにショックを受ける」と見出しを打ち、今大会期間中に英公共放送「BBC」の解説を務めているチェルシーMFセスクのコメントを紹介している。

「ああ…僕たちはこんなの見ないよ。普段は見ない。僕にとって、彼(デ・ヘア)は世界で3本の指に入る守護神だ。だから、異常なことが起きた。異常なミスだよ。僕とリオ(・ファーディナンド)は彼とともにプレーしている。だから、彼がどれほど素晴らしいGKかよく分かっている。残念なことだ。彼のことを気の毒に思う」

 セスクは現在のプレミアリーグだけでなく、バルセロナ所属時代にも当時アトレチコ・マドリードでプレーしていたデ・ヘアと対戦。その実力をよく知っているだけに、普段では絶対に考えられない致命的なミスに驚きを隠せない様子だった。世界最高の守護神とも評される男を襲った悲劇は、W杯のプレッシャーがいかに大きなものかを物語っているのかもしれない。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング