W杯史に残る名勝負 壮絶なポルトガル対スペインをFIFA絶賛「なんて試合だ!」

スペイン対ポルトガルの一戦をFIFAが絶賛している【写真:Getty Images】
スペイン対ポルトガルの一戦をFIFAが絶賛している【写真:Getty Images】

ロナウドのハットトリック、コスタの個人技、ナチョのスーパーボレーと見どころ満載

 ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦の最注目カード、現地時間15日のポルトガル対スペインの壮絶な撃ち合いに世界中が驚愕した。ポルトガルのエースFWクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを決めれば、スペインも鮮やかな連係などで3ゴールを奪取。白熱の展開が続いた3-3の引き分けに、FIFA公式ツイッターも「とんでもない試合だ」と歓喜のつぶやきを投稿している。

 イベリア半島のライバル対決は、前半4分にロナウドが奪取したPKを決めてポルトガルが先制。スペインもFWジエゴ・コスタが前半24分に個人技から同点ゴールを決めるが、前半終了間際にロナウドがこの日2点目で再びリードを奪う。

 後半に入るとスペインのパスワークが冴えわたり、ジエゴ・コスタの同点ゴール、DFナチョのスーパーボレーが突き刺さり逆転に成功したものの、同41分にはロナウドが直接FKを叩き込み、またも同点に。W杯史に残る撃ち合いとなった。

 この戦いには、FIFAも称賛の声を上げるほかなかった。3-3の試合終了を告げるツイートでは「とんでもない内容だった。ポルトガルとスペインの弓を撃ち合うかのような。なんて試合だ! これこそが娯楽だ」と興奮気味に伝えている。

 またマッチスタッツではボール保持率62%、パス成功率91%をマークしたスペインのパスサッカー、ポルトガルは枠内シュート3本ながら3得点と、ロナウドの決定力の凄さを確認できるデータなどが紹介されている。

 お互いが持ち味を存分に出し合った90分間。FIFAの絶賛ぶりからも分かるように、W杯で語り継がれる名勝負となるだろう。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング