西野監督、32歳本田と若き日の自分を比較 「レベルが違います」と“格上認定”で称賛

日本代表の西野監督が、32歳になった本田と若き日の自分を比較して持論を展開している【写真:Getty Images】
日本代表の西野監督が、32歳になった本田と若き日の自分を比較して持論を展開している【写真:Getty Images】

本田が13日に32歳の誕生日、現役時代の自身と重ねて西野監督がレベル比較

 日本代表は現地時間14日、ワールドカップ(W杯)初戦に向けてロシアのベースキャンプ地カザンで合宿をスタートさせた。前日の13日にMF本田圭佑が32歳の誕生日を迎えたなか、西野朗監督が32歳当時の自身と現在の本田を比較し、持論を展開している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 西野新体制の初陣となった5月30日のガーナ戦(0-2)、続く6月8日のスイス戦(0-2)と連敗を喫したが、12日のパラグアイ戦で4-2と西野体制初白星を挙げた。指揮官は「現実、サッカーって簡単ではないと今感じている」と心境を吐露しつつ、「(チームが)変われる要素はあると思うので、それを全員で見つけてコロンビアにぶつけるだけ」と意気込んでいる。

 パラグアイ戦翌日の13日、本田が32回目の誕生日を迎えた。日本代表通算12試合1得点の西野監督は35歳で現役を引退したなか、32歳当時の自身と本田を重ねて次のように言及している。

「レベルが違います。歳は長友も言ってますけど、その通りだと思う」

 DF長友佑都がツイッターで「年齢で物事判断する人はサッカー知らない人」と綴って大きな反響を呼んでいたが、西野監督もそうした意見に同意。そのうえで「そういうことを考えて選手はキャリアを積んでいないと思う」と口にしている。

 2010年、2014年と2大会連続ゴールをマークしてきた本田には、3大会連続得点の期待も懸かる。本田を“格が違う”と称賛した西野監督は、果たして19日のW杯グループリーグ初戦コロンビア戦で、このレフティーを起用するのだろうか。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング