「自分が生きるシステム」 ファイター植田直通、3バックを歓迎「1対1の局面は強み」

植田は「自分が生きるシステム」と3バックに好意的な見解を示した【写真:Getty Images】
植田は「自分が生きるシステム」と3バックに好意的な見解を示した【写真:Getty Images】

ストッパーは相手アタッカーを封じ込む役割「マークもはっきりすると思う」

 日本代表は30日にロシア・ワールドカップ(W杯)の国内壮行試合となるガーナ戦に向けて連日トレーニングを実施。DF植田直通(鹿島アントラーズ)は、2日連続で3バックをテストした27日の練習後、「自分が生きるシステム」と3バックに好意的な見解を示した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 西野朗新監督が導入を視野に入れる3バックは、植田にとっては決して多くの経験はないシステムだ。それでも中央に長谷部誠(フランクフルト)が据えられ、両横のストッパーはより相手アタッカーを抑え込むという役割がハッキリする。植田にとっては、歓迎すべき守備戦術と言えるだろう。

「できるだけ攻撃の選手を下げないために、どれだけ速くスライドできるか。どうしても守備に参加させなければいけないこともあるけど、できるだけ自分たちがカバーしたい。ラインを高く保つことで距離感も近くなるし、ボランチが見るかセンターバックが見るかもはっきりする。1対1の局面は自分の強みなので出していきたい。マークもはっきりすると思うし、自分が生きるシステムだと思う」

 3バックの経験が深いDF槙野智章(浦和レッズ)が、3バックの良さを「このシステムは、マッチアップしてガッチリと行けるシステム。ファーストディフェンスがハッキリすることで、ボールの取りどころがハッキリするのがシステムの意図。相手を潰して自由にさせなければ攻撃につながる」と話したように、相手アタッカーに入ってくるボールは奪いどころの一つになる。そうしたシチュエーションでは、対人守備能力の高さが武器の植田の強みは生きてくる。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング