鼻の骨折から復活したINAC岩渕真奈、“5分間限定”の「バットマン」姿が話題

4月の女子アジアカップで鼻を骨折して手術を受けたFW岩渕真奈が復帰【写真:Football ZONE web】
4月の女子アジアカップで鼻を骨折して手術を受けたFW岩渕真奈が復帰【写真:Football ZONE web】

浦和L戦の後半18分から透明のフェイスガードを着用してピッチへ

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部のINAC神戸レオネッサは、12日にリーグ第6節で浦和レッズレディースと対戦。FW京川舞の2ゴールなどで打ち合いを制し、4-2で勝利した。4月の女子アジアカップで鼻を骨折して手術を受けたFW岩渕真奈が復帰したが、透明のフェイスガードを着用した姿が話題となっている。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 岩渕はなでしこジャパン(日本女子代表)の一員として、4月にヨルダンで行われた女子アジアカップに出場。全5試合にフル出場、2ゴールの活躍でチームのフランス女子ワールドカップ出場権獲得&大会連覇に貢献し、見事に大会MVPに輝いた。

 しかし、帰国後の4月24日にグループリーグの韓国戦で相手選手に肘打ちを受けていた鼻が骨折と診断され、手術を受けることを発表。別メニュー調整を経て、12日の浦和L戦で復帰した。

 後半18分にMF増矢理花に代わって入った岩渕。透明のフェイスガードを着用して登場したが、5分後には外してピッチ外に放り投げ、プレーを続行。得意のドリブル突破で何度も浦和Lゴールに襲いかかった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング