まさに一直線、驚愕の40m“弾丸オウンゴール”反響 「本当に哀れ」「奇妙な事件」

40mの“弾丸オウンゴール”を決めてしまったスパルタのMFスピーリングス【写真:Getty Images】
40mの“弾丸オウンゴール”を決めてしまったスパルタのMFスピーリングス【写真:Getty Images】

オランダ2部スパルタのMFスピーリングスが“悲劇の主人公”になりかける

 オランダはレギュラーシーズンが終わり、昇降格を争う入れ替えプレーオフが行われている。クラブの命運を懸けた戦いが続くなか、今季1部17位のスパルタと2部13位のドルトレヒト戦で40メートル級のオウンゴールが生まれ、「本当に哀れ」「ブラックアウト状態」と話題を集めている。

 現地時間10日に行われたプレーオフ2次ラウンドの第1戦、スパルタは前半10分にベルギー人FWロリス・ブローニョのゴールで先制し、敵地でのゲームを優位に進める。1-0のまま試合は進み、タイムアップが近づいてきた後半44分だった。

 スパルタは自陣内に攻め込まれ、中盤で激しいボールの奪い合いを展開。ルーズボールに対し、MFスタイン・スピーリングスとドルトレヒトのMFトーマス・コックが球際に飛び込む。スピーリングスの方がわずかに早くボールに触れたが、思い切り右足を振り抜いた一撃は自陣ゴールに一直線に飛んでいき、味方のGKロイ・コルツミットが身を投げ出してクリアを試みた頭の上を越えてゴールネットに突き刺さった。

 約40メートルの距離を一瞬で切り裂いた弾丸オウンゴールを、衛星放送「FOXスポーツ」オランダ版が公式ツイッターで紹介すると、「本当に哀れだ」「悪い意味でワールドクラスだ」「ブラックアウト状態」「自陣のゴールにブラックホールでもあったんだろう」と驚きのコメントが並んだ。オランダのサッカー専門サイト「VoetbalPrimeur」も、「奇妙なフィニッシュ。信じられないほどの一撃を自分のゴールに放つ」と伝えている。

 また、オランダメディア「NU」も「奇妙な事件」とピックアップ。この直後、スパルタは決勝ゴールを奪い、このオウンゴールが致命傷にならず第2戦に向かうことに触れつつ、スピーリングスがチームメイトと笑って試合終了を迎えられたことを紹介している。

 第1戦においては“悲劇未遂”でしのいだが、第2戦でどのような結末が待ち受けているのだろうか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング