バルサ退団のイニエスタ、“ラスト・クラシコ”に万感の思い告白「楽しんだ」 

今季限りでバルセロナを退団するイニエスタが、“ラスト・クラシコ”を「楽しんだ」と告白した【写真:Getty Images】
今季限りでバルセロナを退団するイニエスタが、“ラスト・クラシコ”を「楽しんだ」と告白した【写真:Getty Images】

中盤で先発、ブスケッツ&ラキティッチとの鉄板トリオで試合をコントロール

 現地時間6日に行われたバルセロナとレアル・マドリードの「エル・クラシコ」は両者打ち合いの末、2-2のドローに終わった。バルサのFWリオネル・メッシとFWルイス・スアレス、レアルのFWクリスティアーノ・ロナウドとFWガレス・ベイルのゴールやレフェリングに対する報道とともに、今回主役となったのはバルサのMFアンドレス・イニエスタだ。今季限りの退団を明言したイニエスタは試合後、“ラスト・クラシコ”を終えての万感の思いを語ったとスペイン紙「マルカ」が伝えている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

「スペイン国王杯の決勝以来、体力面で問題があったが、最後の試合を楽しむために全てをやり尽くしてきたんだ。コンディションがベストではなくても、今回のクラシコを楽しんだ」

 こう語ったイニエスタだが、いまだにその技術はワールドクラスだった。中盤インサイドハーフでスタメン起用されると、ここ近年鉄板の並びだったMFセルヒオ・ブスケツ、MFイバン・ラキティッチのトリオでゲームをコントロール。後半13分にMFパウリーニョと代わってピッチを去る際には、約10万人が詰めかけた聖地カンプ・ノウから万雷の拍手を浴びた。

「クラシコというのは、最高の状態でプレーされなかったとしても、クラシコは楽しくて仕方がないものだ。色々な試合を味わって来たけれど、クラシコのようなものはない。クラシコはヒリヒリするような試合だからね。僕たちは何かが懸かった状態ではないなかで今回激突したけど、自分自身楽しんだよ」

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング