浦和オリヴェイラ監督がエスコート役!? “教え子”の敵将も感謝「全てに影響を受けた」

浦和・オリヴェイラ監督(左)と鹿島・大岩監督(右)は、試合後に互いを称えあった【写真:Getty Images】
浦和・オリヴェイラ監督(左)と鹿島・大岩監督(右)は、試合後に互いを称えあった【写真:Getty Images】

7年ぶりのカシマスタジアムで古巣と対戦も0-1で敗戦「眠れない夜もあった」

 J1浦和レッズのオズワルド・オリヴェイラ監督は、古巣対決となった5日の鹿島アントラーズ戦で0-1と敗戦を喫した。悔しい結果となったなか、試合後には和やかな雰囲気で記者会見に臨み、鹿島時代の教え子である敵将・大岩剛監督をエスコートする一幕もあった。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 前半25分に鹿島FW金崎夢生に与えたPKの1点を守り切られた浦和だが、オリヴェイラ監督は「はっきりその場面は見ていない」と言及。「選手があれだけ抗議するのだから、厳しいジャッジだったのだろう。(前節の)川崎フロンターレ戦では、我々にPKが与えられていいいくつかの場面で笛はなかった。基準が一定していないのではないだろうか」と、リーグ全体の判定基準に疑問を呈した。

 もっとも、その表情は終始穏やかなものだった。それは「素晴らしく動きのある試合であり、両チームがゴールを狙ってプレーし続けた。結果だけが内容を反映していないアンフェアなものだった。後半は完全に支配して押し込んでいたから」。決定機を作り出しながらゴールだけが奪えなかった試合に対し、一定の満足感がある様子だった。

 また、7年ぶりとなったかつての本拠地カシマスタジアムでのゲームにも、感慨深いものがあったようだ。

「このスタジアムで鹿島と対戦すると考えれば、眠れない夜もあった。ただ、私は20クラブ以上で指揮して、どのクラブとも対戦した。いつかは、過去に指揮したクラブとの対戦は訪れるものだから、プロとして戦った」

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング