アーセナルOB、ドイツ代表MFエジルを酷評「このシャツを着るにはふさわしくない」

EL準決勝第2戦のアトレチコ戦で、不発に終わったエジル【写真:Getty Images】
EL準決勝第2戦のアトレチコ戦で、不発に終わったエジル【写真:Getty Images】

アトレチコとのEL準決勝第2戦で不発 リーグ優勝経験者のキーオン氏から厳しい言葉…

 アーセナルは現地時間3日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)準決勝第2戦でアトレチコ・マドリードに0-1で敗れ、決勝に辿り着く前にヨーロッパの舞台から姿を消した。クラブOBの元イングランド代表DFマーティン・キーオン氏は、この試合に出場していたドイツ代表MFメスト・エジルのパフォーマンスに不満を示して痛烈に批判した。

 本拠地エミレーツで行われた第1戦を1-1で引き分けたアーセナル。得点が必要だったこの敵地での第2戦では、エジルら攻撃陣が不発に終わった。前半アディショナルタイムには、昨季まで同じロンドンのチェルシーに所属していたスペイン代表FWジエゴ・コスタにゴールを許して0-1で敗戦。EL初優勝を狙うも、ベスト4敗退が決まった。

 今季限りで退任が決まっているアーセン・ベンゲル監督の最後を、タイトルで飾ることはできなかった。現役時代にベンゲル監督の下で3度のリーグ優勝を経験しているキーオン氏は、英衛星放送「BTスポーツ」で「私から見れば今夜の彼はこの(アーセナルの)シャツを着るにはふさわしくなかった」とアトレチコ戦での司令塔の出来を酷評した。

「これまでも何度か彼には満足できないことがあった。彼は自分のゲームをすることを選択したようにも見える。ふさわしいパフォーマンスではなかった。彼は全てを出していなかった。我々はもっと良いものを期待している。彼はワールドカップウィナーなんだ」

 ドイツ代表で世界一を経験し、プレミアリーグ屈指パサーとしてアシストを量産するエジルだが、以前から安定性や継続性については課題を指摘されている。期待も大きいだけに、手厳しい批判を浴びることになった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング