岡崎慎司の今夏去就に影響!? レスターが来季ベニテス監督を招聘か

レスター・シティは、来季に向けて現在のクロード・ピュエル監督に代わり、ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテス監督を招聘する可能性が浮上【写真:Getty Images】
レスター・シティは、来季に向けて現在のクロード・ピュエル監督に代わり、ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテス監督を招聘する可能性が浮上【写真:Getty Images】

・クリスタル・パレス戦の0-5大敗でピュエル監督の立場が危うく

 FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは、来季に向けて現在のクロード・ピュエル監督に代わり、ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテス監督を招聘する可能性が浮上している。英紙「デイリー・スター」が報じた。

 レスターは、現地時間28日に行われたプレミアリーグ第36節クリスタル・パレス戦で0-5の大敗。足首を負傷している岡崎がベンチ外となったなかで、チームは前半からリードを奪われると、後半には退場者を出すなど5失点を喫して敗れた。この大敗と不穏なドレッシングルームの雰囲気も相まって、ピュエル監督の未来は不透明なものになっているという。

 一方、今回名前が挙がったベニテス監督は、昨季にニューカッスルを2部から1部に昇格させると、今季も10位につけるなど好位置をキープ。サポーターからはヒーローとして称賛されている。また、これまでもリバプールやレアル・マドリードなどを指揮してきた実績もあり、監督としての価値は高い人物だと言って過言ではないだろう。

 先週に、来夏の移籍市場ではより大きな財政力が必要だと述べていたこと、そしてニューカッスルのオーナーであるマイク・アシュリー氏がまだクラブを売ろうとしていることから、レスターへの移籍を断ることが難しいかもしれないと伝えられているベニテス監督。レスターのタイ人オーナーのビチャイ・スリヴァッダナプラバ氏もプレミアリーグ制覇を経験したことで、トップ6のフィニッシュを望んでいるとされており、経験豊富な指揮官の招聘に動く可能性はあるとしている。

 ピュエル監督に代わって以降、怪我などもありなかなか出番が与えられていない岡崎にとっては、ベニテス監督が就任するとなれば苦しい現状に変化が起きる可能性がある。移籍の噂も浮上するなか、レスターの監督人事の行方が日本人ストライカーの去就に影響を与えるかもしれない。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング