Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内  |  各国代表大会

2017.11.19 (Sun)

中村俊輔、サッカー史に残る“日韓W杯落選” 39歳の告白「落ちるのは当然だった」


【天才レフティーの思考|No.6】2002年日韓W杯のメンバーから漏れ、世間の耳目を集めた当時を回想

 

中村俊輔インタビュー連載「天才レフティーの思考」

第1回][第2回][第3回][第4回][第5回][第7回

 

 世界ナンバーワンの国を決める4年に一度の祭典「FIFAワールドカップ」(W杯)は、サッカー界最高峰の大会として知られる。日本代表は今年8月にロシア行きの切符を手にし、6大会連続6度目のW杯出場を決めた。各大会のW杯メンバー選考は大きな注目を浴びてきたが、J1ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔は「落ちるのは当然だったと思う」と2002年日韓大会に味わった失意の落選を振り返っている。

 

【PR】中村俊輔インタビュー【前編】 サッカー人生最大の決断とは? 「ヒデさんを見て焦りが募った」

【PR】中村俊輔インタビュー【後編】 天才が明かす「サッカーセンス」の見分け方とは?

 

 1998年フランス大会で悲願のW杯初出場を飾った日本は、02年日韓大会、06年ドイツ大会、10年南アフリカ大会、14年ブラジル大会に続けて出場。そして8月31日、難敵オーストラリア代表に2-0と勝利し、来年6月のロシア大会行きを確定させた。

 

 過去のW杯メンバー選考において、98年フランス大会ではFW三浦知良やMF北澤豪らが漏れ、06年ドイツ大会ではFW久保竜彦らが選外となり大きな話題を呼んだ。そして02年日韓大会で憂き目に遭い、世間の耳目を集めたのが中村だった。現在39歳のレフティーは当時を回想する。

 

「(横浜F・)マリノスでキャプテンを務めさせてもらったから、チームをまとめる難しさも分かる。それを考えると、2002年日韓ワールドカップの代表メンバーで自分が落ちるのは当然だったと思う」

 

 

 

1 2 3

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト