「あの時、新たな感覚をつかんだ」 中村俊輔が今明かす、忘れがたい“一本のパス”

【天才レフティーの思考|No.5】1999年シドニー五輪アジア予選のカザフスタン戦で生まれた「あの一本」

中村俊輔インタビュー連載「天才レフティーの思考」

第1回][第2回][第3回][第4回][第6回][第7回

 華麗なパスはサッカーを彩り、観る者を魅了する。選手一人ひとりに“思い出のパス”が存在し、それは日本が誇るファンタジスタも変わらない。日本サッカー界の顔役を長年担ってきたJ1ジュビロ磐田の元日本代表MF中村俊輔にも、自身の記憶に刻まれた一本のパスがあるという。

「昔、五輪予選のカザフスタン戦で長いボールを平瀬くんに出した。あの一本は今でも印象に残っている」

 1999年11月6日、U-22日本代表はシドニー五輪アジア予選でカザフスタンと対戦。五輪の出場権獲得が懸かった国立競技場での一戦で、A代表の指揮官も兼任していたフィリップ・トルシエ監督は、次の11人をピッチに送り出した。

 GK曽ヶ端準、DF中澤佑二・宮本恒靖・中田浩二、MF明神智和・遠藤保仁・稲本潤一・中村俊輔・中田英寿、FW福田健二・平瀬智行。MF小野伸二は負傷離脱していたものの、当時「歴代最強」と謳われたU-22日本代表は、1次予選を含め予選10連勝と圧倒的な強さを誇示していた。

 本拠地カザフスタン戦では、予選初のリードを許す展開で前半を折り返した日本。しかし、後半25分に中田英のパスから平瀬が頭で合わせて同点に追いつくと、後半41分に中村の左足から「あの一本」が飛び出した。

 

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 日本×エクアドル、南野や古橋でもない…現地ドイツで“一番の歓声”を受けたのは?

  7. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  8. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  9. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  10. 「心霊写真(笑)」 女子サッカー伊藤美紀、隙間からチラリのお茶目さに反響「NICEひょっこり」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  10. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」