Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

Jリーグ・国内  |  海外リーグ

2017.10.14 (Sat)

元Jリーガーのフッキ、日本の急成長ぶりに驚嘆 「日本人選手の質は非常に高い」


18日にACL準決勝第2戦で浦和と対戦 「浦和はホームで強い」と警戒

 

 浦和レッズは9月27日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第1戦で、上海上港(中国)に敵地で1-1と引き分けた。18日に本拠地で行われる第2戦を突破すれば、2007年にACLを制覇して以来の決勝進出となる。その大一番を前に、かつてJリーグに所属した上海上港の元ブラジル代表FWフッキが“日本凱旋”に向けて語った。FIFA(国際サッカー連盟)公式サイトのインタビューで答えている。

 

 ACL準決勝第1戦では、前半15分にフッキの左足が炸裂した。浦和MF青木拓矢を振り切ると、ゴールから約25メートルの位置で左足を強振。地を這うような弾道のシュートがゴールネットに突き刺さった。アジアサッカー連盟(AFC)公式ツイッターも「雷のような一撃」と称えている。浦和も負けじと同27分、青木からのパスをFW興梠慎三が落とし、走り込んだMF柏木陽介がボレーで同点弾。結局、試合はそのまま1-1で終了した。

 

 フッキは第2戦に向けて、「浦和レッズは、日本屈指のチームの一つだ。彼らはホームでとても強い」と警戒を強める一方、ACL優勝に向けて自信も覗かせている。

 

「ただ僕らのチームも状態は良い。僕がここに来てからチームはものすごく向上してきた。団結力があるし、チーム内での競争力も高まっている。このチームでタイトルを獲りたいし、アジア制覇が目標だ。もちろん、それで代表チームに招集されたら最高だね」

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト