Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

海外リーグ

2016.09.24 (Sat)

“20代で自ら引退した6人”を英紙が特集 1人目で紹介の中田英寿、電撃発表で「世界中が唖然」


ドイツW杯後に29歳で現役を退く 輝かしい経歴を「小さな宝石」と称賛

 

 2006年に29歳の若さで現役引退した元日本代表MF中田英寿氏が、英紙「ガーディアン」の「20代で自ら引退したフットボーラー」という特集で、紹介された6人のなかで真っ先に取り上げられている。

 

 中田氏は2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)終了後に電撃的に引退を発表した。1分1敗で迎えたグループリーグ第3戦でブラジルに1-4で大敗した後に、センターサークルで1人ピッチに倒れ込んだ姿は語り草となっている。

 

 6人の元選手が取り上げられた特集で、中田氏は1人目として真っ先に名前が挙がった。ペルージャでの活躍やASローマでスクデットを獲得した経歴を伝え、「全ての人が彼を小さな宝石(The Little jewel)と呼んだ」と紹介している。「2001年に移籍金1800万ポンド(現在のレートで約13億6000万円)で移籍が発表されると、約400万人が彼のホームページにアクセスを試みた」と当時の人気ぶりについても言及している。

 

 そして06年W杯後に、突如として現役引退を発表した時のことは衝撃的だったと振り返っている。

 

「偉大な功績の一方、バロンドールに3度ノミネートされた中田は、クロアチア(実際はブラジル)との2006年W杯最終戦の後に29歳で引退を発表して、より大きな喪失感を残した。世界中が唖然とした」

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト