「偉大な選手に批判はつきもの」 レアルFWベンゼマ、”得点力不足”との声に耳貸さず

得点の少なさを指摘されているベンゼマだが、批判されることは全く気にかけていないようだ【写真:Getty Images】
得点の少なさを指摘されているベンゼマだが、批判されることは全く気にかけていないようだ【写真:Getty Images】

今季リーガで5点、CLで2点とゴール数の少なさ指摘も「それに意味はない」

 レアル・マドリードのフランス代表FWカリム・ベンゼマは、得点の少なさによりメディアから批判を浴びている。しかし、当の本人は「偉大な選手に批判はつきもの」「(批判に)意味はない」と全く意に介していない様子だ。米カルチャー誌「ヴァニティ・フェア」のインタビューで語った。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 欧州王者レアルでレギュラーの座を確保しているベンゼマ。今季は負傷による離脱もあったが、コンスタントに出場機会を与えられ、公式戦38試合でプレーしている。

 しかし、リーグ戦では5得点、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で2得点とFWとして求められているゴール数が伸びず、非難の声も上がっている。質の高いポストプレーや献身的な働きぶりでジネディーヌ・ジダン監督からも信頼を受けるが、その一方でやはり得点が少なすぎるのではとの指摘がある。

 それでもベンゼマ自身は、批判されることを全く気にかけていないようだ。「偉大な選手には常に批判がつきものだ。僕らは新聞を売っている」とし、ネガティブな意見はメディアの都合のいいものだと語っている。

「僕は常にチームメイトを助けるためにプレーし、全てに勝つためのトライをしている。僕の名前が新聞に載っても全く気にならない。それに意味はないからね」

 メディアではレアルがベンゼマに代わる新たなストライカーを獲得するのではという噂も頻繁に流れている。しかし、30歳の万能FWは周囲の雑音などには耳を貸さず、我が道を進んでいる。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング