バルサ、リーガ無敗新記録! バレンシアに2-1勝利、39戦連続無敗達成で金字塔

バルセロナがリーガ連続無敗記録を歴代最長となる39試合に更新【写真:Getty Images】
バルセロナがリーガ連続無敗記録を歴代最長となる39試合に更新【写真:Getty Images】

リーガ32節バレンシア戦で2-1勝利、1979-80シーズンのソシエダの38戦無敗記録を更新

 バルセロナは現地時間14日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節バレンシア戦で2-1と勝利し、リーガ連続無敗記録を歴代最長となる39試合に更新した。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ローマとの第2戦で衝撃的な逆転負けを喫したバルサ。この日も立ち上がりはバレンシアの果敢な攻めに後手を踏み、ミドルシュートをドイツ代表GKマルク=テア・シュテーゲンが間一髪弾き出すなど、ショックを感じさせる立ち上がりとなった。

 しかし同15分、バルサが試合を動かす。右サイドの展開からDFセルジ・ロベルトのパスを受けたMFフィリペ・コウチーニョが最終ライン裏に柔らかなパス。これにオフサイドラインを抜け出したFWルイス・スアレスが冷静に仕留めて先制に成功した。

 ただ同23分にはテア・シュテーゲンのビルドアップミスからフリーでロドリゴにシュートを放たれ、テア・シュテーゲンが手で弾いたボールがポストをかすめる。またFWリオネル・メッシも相手のマークに苦しみチャンスクリエイトできないなど、リズムは掌握しきれないまま前半を終えた。

 後半に入っても5分、DFサムエル・ウムティティが足を滑らせ決定機を作られ、ロドリゴに決定的なシュートを浴びる。この大ピンチをDFジェラール・ピケがゴールライン上でブロックして事なきを得た。

 するとその1分後、ミスをしたウムティティが名誉挽回する。コウチーニョがキッカーを務めた右CKにニアサイドへ飛び込み頭で合わせて追加点をゲット。2-0として以降はバルサらしい落ち着いたポゼッションを取り戻すと、メッシやMFアンドレス・イニエスタが鮮やかなボレーで相手ゴールを脅かし続ける。

 同42分にはFWウスマン・デンベレがペナルティーエリアでファウルを犯し、バレホにPKで1点を返されたが、バルサはそのまま逃げ切った。この勝利でバルサは前節並んでいた、1979-80シーズンのレアル・ソシエダの38試合無敗記録を更新した。CLこそ8強で消える失態を犯したバルサだが、2シーズンぶりのリーガ覇権奪回、そして無敗優勝へ。曲者バレンシアに勝利し、一つの関門を乗り越えたと言えるだろう。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング