札幌FWジェイ、“リネカー超え”の次なる目標は? 「日本で初めてタイトルを…」

J1北海道コンサドーレ札幌の元イングランド代表FWジェイ【写真:Getty Images】
J1北海道コンサドーレ札幌の元イングランド代表FWジェイ【写真:Getty Images】

幼少時代に掲げた目標を全て叶え、英国人選手初のJリーグ優勝を新たに見据える

 開幕25周年を迎えたJリーグには、これまで数々の名助っ人が彩りを加えてきた。そのなかには、ブラジルをはじめ強豪国の代表を経験した人物も多いが、現在Jリーグでプレーしているビッグネームの一人が、J1北海道コンサドーレ札幌の元イングランド代表FWジェイだろう。

 プレミアリーグをはじめイタリア、タイと渡り歩いた192センチの長身ストライカーは、2015年にジュビロ磐田に加入。17年途中からは札幌の一員となり、リーグ戦14試合10得点の大活躍でJ1残留に貢献した。今季もミハイロ・ペトロヴィッチ新監督の下で最前線の基準点として存在感を放つ35歳に母国メディアも注目。英紙「ガーディアン」のインタビューに答えている。

「僕は子供の頃、『プレミアリーグや母国でプレーしたい。そして、たくさんのお金を稼ぎたいんだ』って言っていた。その三つが全て叶ったね。目標を達成したし、自分ができる限りのゴールを奪えた」

 このように振り返るジェイにとって、Jリーグ挑戦は非常に有意義なもののようだ。「僕は日本で初めてタイトルを手に入れる英国人になりたいと思っている」と話すとともに、ワールドカップ得点王で今や人気解説者となった元イングランド代表FWガリー・リネカー氏を超えたことを次のように付け加えている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング