日本代表DF槙野、「途中でガス欠していた」選手の存在からハリルJの問題点を指摘

槙野智章が杉本健勇のパフォーマンスについて言及【写真:Getty Images】
槙野智章が杉本健勇のパフォーマンスについて言及【写真:Getty Images】

守備に追われたFW杉本 「彼の仕事は守備でなくて攻撃なので…」

 日本代表DF槙野智章(浦和レッズ)は27日の国際親善試合ウクライナ戦で同点ゴールを叩き込む活躍を見せたが、チームは最終的に1-2で敗れた。“仮想ポーランド”と位置づけた一戦で一定の手応えをつかみつつ、「ガス欠していた」という選手の存在に触れると、日本の問題点を指摘している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 ウクライナ戦では前半21分に強烈なシュートを浴びると、DF植田直通(鹿島アントラーズ)に当たってオウンゴールで先制点を献上。反撃に出る日本は同41分、トップ下に入ったMF柴崎岳(ヘタフェ)のFKから槙野が頭で合わせて同点に追いついた。だが後半24分に被弾し、1-2で敗れている。

 1-1で迎えた後半の戦い方について槙野は、「後半は後ろを同数にして、前をハメに行く形に切り替えました。それを最初からできるわけでもない。その加減というかラインをしっかり引かないといけないと思う」と振り返り、守備面の難しさを口にした。また、FW杉本健勇(セレッソ大阪)のパフォーマンスについて言及。そこからハリルジャパンが抱える問題点を指摘している。

「杉本選手は途中でガス欠してしまいましたけど、あれだと彼にボールが入った時に、彼の仕事は守備でなくて攻撃なので、間違いなく守備に力を注いでしまった」

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング