ハリル監督、ウクライナ戦前日会見で報道に不満露わ 「メディアはスキャンダルを探している」

ウクライナ戦の前日会見に出席したハリルホジッチ監督【写真:Football ZONE web】
ウクライナ戦の前日会見に出席したハリルホジッチ監督【写真:Football ZONE web】

マリ戦に引き分け批判噴出 ハリル監督「少し発言が多いのはあまり良くない」

 日本代表は現地時間27日に“仮想ポーランド”と位置づけているウクライナとの国際親善試合に臨むが、試合前日のトレーニング前にバヒド・ハリルホジッチ監督が公式会見に出席。マリ戦に引き分けて代表に対して批判も巻き起こっているなか、指揮官は「いろんな人が意見を言う」と指摘し、メディアに対しても「スキャンダルを探している」と懸念を示した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本代表は23日に、6月のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦で対戦するセネガルを想定したマリ戦で苦戦。DF宇賀神友弥(浦和レッズ)が前半44分にPKを与えて先制点を献上するなか、敗色濃厚となった後半アディショナルタイムに途中出場のFW中島翔哉(ポルティモネンセ)が代表デビュー弾を決めて辛くも1-1のドローに持ち込んだ。マリ戦を振り返ったハリル監督は、「前の試合は全ての面で満足はしていない」と語っており、選手のパフォーマンスに不満を露わにした。

 27日には同第3戦で対戦するポーランドをイメージし、マリ戦と同様の会場スタッド・モーリス・デュフランでウクライナとの試合に臨む。様々な課題が噴出しているなか、ハリル監督は代表チームを取り巻く喧噪に苦言を呈している。

「いろんな人が意見を言う。少し発言が多いのはあまり良くないと思う。メディアはスキャンダルや話題になるものを探しているが、我々は問題があれば内部で解決する。外部に対する発言はあまり良くない」

 代表チームが苦境に直面しているなか、現役時代に同国の英雄として知られた名ストライカーであるアンドリー・シェフチェンコ監督が率いるウクライナと対戦する。果たしてハリルジャパンはどのようなパフォーマンスを披露するのだろうか。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング