イタリアの名将サッキ氏がC・ロナウドのコンディション不良を指摘

準決勝敗退の昨季CL王者

 イタリアが生んだ名将アリゴ・サッキ氏は、レアルマドリードFWクリスティアーノ・ロナウドのコンディション不良を指摘した。
 同氏は、サッカー界にゾーン・プレスという当時革新的だった戦術をもたらした。その後、イタリア代表監督などを歴任し、レアル・マドリードの強化幹部を務めたこともある。地元テレビ局「メディアセット」で、12日のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝ユベントス戦後、PKで先制点を奪った「CR7」について独自の見解を示した。
「この3カ月間、クリスティアーノ・ロナウドは、かつてのプレーヤーではなくなってしまった。彼は多くのゴー ルを決めているし、戦士でもある。だが、コンディション的にフィットしていない」
 C・ロナウドはゴール前で勝負強さと、圧倒的な決定力を誇ってきた。だが、ユベントス戦では、得意の高速ドリブルは影を潜めた。記録的なペースでゴールを量産している「CR7」だが、名将の目には終盤戦の蓄積疲労が見て取れたのだろう。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング