今、日本代表に何が必要か? 本田が打開案提示「そんなんで良くなるのもサッカー」

今、日本代表に何が必要か?本田が打開案を提示【写真:Getty Images】
今、日本代表に何が必要か?本田が打開案を提示【写真:Getty Images】

マリ戦後のチームに漂う危機感 本田が指摘する「ボールに食らいつく」姿勢

 今の日本代表に必要なのは“基本”なのだろうか。日本代表FW本田圭佑(パチューカ)は、2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)を引き合いに出しつつ、「そんなんで良くなるのもサッカー」と当時を回想。「基礎に戻ろうぜ」の重要性を訴えている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「忘れていた!」そんなあなたにDAZNの見逃し配信を!

 ベルギー遠征を敢行中の日本代表は、23日の国際親善試合マリ戦で先制点を献上。敗色濃厚となったなか、後半アディショナルタイムに途中出場のFW中島翔哉(ポルティモネンセ)が代表デビュー弾を叩き込み、辛うじて1-1ドローに持ち込んだ。

 バヒド・ハリルホジッチ監督はマリ戦後に浮かない表情を浮かべ、「何を言えるのかという試合。まだまだやるべきことがたくさんあるという試合だった。今日は深い分析までは入りたくない。現実を直視してトレーニングを続けるしかない」と嘆いた。

 選手たちも様々な問題点を挙げている。曰く、組み立てや守備の仕方、ロングボールの多用、連係不足など、課題は攻守両面にわたって山積。危機感という意味では、チーム全体が共通の認識を抱いている。

 そうしたなか、本田は窮状を打ち破る一つの打開案を提示した。それはシステムや戦術論でもなければ、テクニックに関することでもない。実に単純明快なものだ。

「ピッチの中でボールに食らいつくっていうようなことはもう一度」

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング