イングランド代表サポーターがオランダで騒動 25人逮捕と英紙報道

イングランド代表サポーターがオランダで騒動(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
イングランド代表サポーターがオランダで騒動(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

試合前にアムステルダムの街で運河に物を投げ入れるなどの蛮行

 イングランド代表は現地時間23日に行われた国際親善試合でオランダと対戦し、MFジェシー・リンガード(イングランド)のゴールで1-0と勝利した。しかし、試合の舞台となったオランダの首都・アムステルダムでは試合前に遠征してきたイングランドのサポーターが騒ぎを起こし、25人もの逮捕者が出る騒動が起きていた。英紙「ガーディアン」が報じている。

【PR】海外サッカーもDAZN!最終盤、CL・EL圏内に残るチームはどこだ!

 レポートによれば、アムステルダムに集結したイングランドのサポーターの一部が街の中心部で地元警察と衝突し、大量の逮捕者が出ることになったという。

 SNSに出回った映像では、大騒ぎしているサポーターの大男たちが橋の上から運河を遊覧するボートに向かってビールをかけたり、グラスを投げ入れるなどしている姿が捉えられている。挙句の果てには、その場にあった自転車を水の中に投げ入れる暴挙に出る者もいた。

 何か予兆はあったのだろうか。イングランド代表を率いるギャレス・サウスゲイト監督は、母国サポーターにある“メッセージ”を送っていたが、それも熱狂的なフーリガンには届かなかったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング