日本代表で注目の“リオ五輪代表ライン” 大島僚太が語る初選出FW中島翔哉の「活かし方」

大島がリオ五輪で共闘した中島の“活かし方”について言及【写真:Getty Images】
大島がリオ五輪で共闘した中島の“活かし方”について言及【写真:Getty Images】

大島、ロシアW杯へ「国を懸けて戦う場に出たい」 思いを一層強くしたブラジル戦

 昨年12月に日本で行われたE-1選手権第2戦の中国戦で負傷交代した日本代表MF大島僚太(川崎フロンターレ)が、3月シリーズ(23日マリ戦、27日ウクライナ戦)の日本代表メンバーに復帰した。6月のロシア・ワールドカップ(W杯)への意気込みを語るとともに、代表に初選出された注目のFW中島翔哉(ポルティモネンセ)の“活かし方”について言及している。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「忘れていた!」そんなあなたにDAZNの見逃し配信を!

 2016年9月のロシアW杯アジア最終予選のUAE戦で代表デビューを飾った大島は、17年12月のE-1選手権で代表の「10番」を与えられたが、第2戦の中国戦でシュートを打った際に負傷し、左大腿二頭筋肉離れで離脱した。再びチャンスを与えられた大島は、バヒド・ハリルホジッチ監督から「最初集まった時、筋肉系を気を付けてと言われました」と明かしている。

 代表出場歴は2試合と浅いが、「国を懸けて戦う場に出たい」とロシアW杯出場への思いを率直に口にした。その思いを一層強くしたのは、2016年リオデジャネイロ五輪の直前に対戦したブラジル戦だ。

 大会直前の国際親善試合で、FWネイマールやFWガブリエル・ジェズスらタレントを擁するブラジル五輪代表と対戦し、0-2と敗戦。「オリンピックの時にブラジルと対戦して、本選のブラジルとやってみたかったと感じた」という。

 リオ五輪での日本は、ナイジェリアに4-5、コロンビアに2-2、スウェーデンに1-0の1勝1分1敗の3位でグループリーグ敗退となった。大島は3試合に出場した一方、日の丸を背負って共闘したのが今回代表初招集となった中島だ。

あなたのスマホで見られる数々の熱戦、Jリーグ見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング