「スペイン代表入りを選ばなかった7人」を現地紙が紹介 メッシ、アウベスの名前も…

「マルカ」は「スペイン代表になれる資格があったが選ばなかった選手」を特集【写真:Getty Images】
「マルカ」は「スペイン代表になれる資格があったが選ばなかった選手」を特集【写真:Getty Images】

アトレチコDFリュカ・エルナンデスのフランス代表招集を受けて特集

 ロシア・ワールドカップ(W杯)優勝候補の一角であるスペイン代表は、今回の国際Aマッチウィークでドイツ代表、アルゼンチン代表と国際親善試合を戦う。W杯決勝の前哨戦と言って差し支えない大一番を控えるなか、現地紙「マルカ」は「スペイン代表になれる資格があったが選ばなかった選手」を特集。スペインに帰化する噂があったアトレチコ・マドリードDFリュカ・エルナンデスが、母国フランス代表に初招集されたことを受けての企画だが、紹介された7人の中には“あのスーパープレーヤー”の名前もある。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

 まず1人目として紹介されているのは、ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(パリ・サンジェルマン)だ。セビージャ所属時代に「スペイン代表としてプレーすることはとても誇らしいね」と語るなど希望を口にしていたことがあったが、セレソンで不動の右ラテラウの座を築き上げた。

 1月にマンチェスター・シティに移籍したフランス代表DFアイメリク・ラポルテ。彼には国籍選択の余地があった。フランス領バスク地方へ幼い頃に移住したラポルテは、サッカーセンスを買われてアスレチック・ビルバオの下部組織に加入。トップチームでも6シーズンにわたって活躍した。スペイン代表も次代のセンターバック候補として興味を持ち、2016年に招集に動こうとした過去がある。同じビルバオ出身では、ベネズエラ代表DFフェルナンド・アモレビエタも、記事で紹介されている。

 ドルトムントでMF香川真司と同僚の元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロは、両親がスペイン人で、U-19世代まではスペイン代表でプレーした。しかしU-21世代からドイツを選択。A代表からは10年間離れているが、実力派MFであることは間違いない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング