サッカーの歴史的な転換期となるか 6月ロシアW杯、史上初「VAR」導入決定

サッカーの歴史的な転換期となるか 6月ロシアW杯、史上初「VAR」導入決定【写真:Getty Images】
サッカーの歴史的な転換期となるか 6月ロシアW杯、史上初「VAR」導入決定【写真:Getty Images】

FIFA会長は「1000試合以上行われた試験結果に基づいたもの」と説明

 6月のロシア・ワールドカップ(W杯)でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が導入されることが決まった。FIFA(国際サッカー連盟)のジャンニ・インファンティノ会長が語ったもので、 英衛星放送「スカイ・スポーツ」などが一斉に報じている。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

 レフェリーが正確なジャッジを下すため、試合を一時中断し、プレーを映像で再確認するVARシステム。すでにJリーグでも試験導入されており、セリエA、ブンデスリーガでは本格導入されている。

 W杯での導入ついては国際サッカー評議会が2年間の試験期間を経て、今月満場一致で可決しており、導入は決定的と見られていた。

 インファンティノ会長は「この決定は過去2年間に1000試合以上行われた試験の結果に基づいたもの。VARが間違いなくレフェリーの助けになるという確証と確実な事実を我々に提供してくれた」と説明したという。

 一方で、UEFA(欧州サッカー連盟)のアレクサンドル・セフェリン会長は世界で最もレベルの高い大会、UEFAチャンピオンズリーグでの導入を見送る意向を示している。

「誰もVARがどのように機能するのか分からない。すでに多くの混乱が存在している。私は全面反対というわけではないが、いつ導入されるのかもっと説明が必要だ。W杯でどうなるか見てみよう」とセフェリン会長は語っている。

 VARシステムは、映像確認により過度に試合を止めてしまう側面もあり、サッカーの醍醐味を奪うとの批判も存在している。W杯でついに導入されるVAR。サッカーの歴史的な転換期となりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング