マンCがポグバ獲得に向け電撃交渉か 伊メディアが報じる

クラブ幹部がトリノ入り、直接交渉開始

 マンチェスター・シティがユベントスのフランス代表MFポール・ポグバ獲得に向け、イタリアで電撃交渉を行っているとイタリア衛星放送「スカイ・イタリア」が報じている。
 昨季リーグを制覇したシティだが、今季は無冠に終わった。来季の巻き返しに向けて、潤沢なオイルマネーを誇るクラブはユベントスの本拠地トリノに強化幹部を派遣。今夏の移籍市場の目玉とされているポグバ獲得に向けた直接交渉を行っているという。
 イングランドメディアはポグパ獲得に向けて7000万ポンド(約126億円)という英国史上最高の移籍金を準備しているとも報じている。
 一方、バルセロナはユベントス側の設定する移籍金に届かず、オファーを固辞されたとの現地報道も。パリ・サンジェルマン、レアル・マドリードも参戦していると伝えられる中、シティは電撃交渉で至宝を獲得することができるのか。メガクラブによるポグバ争奪戦は加熱の一途をたどっており、移籍金100億円を突破することは確実視されている。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング