川崎が後半ATの失点でメルボルンに敵地で0-1敗戦 他会場で蔚山が勝てばACL敗退決定

川崎フロンターレは13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)第4節メルボルン・ビクトリーと激突【写真:Getty Images】
川崎フロンターレは13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)第4節メルボルン・ビクトリーと激突【写真:Getty Images】

ゴールを決めきれず、土壇場で失点 グループステージ突破は絶望的

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でグループステージ突破へ非常に厳しい状況に追い込まれている川崎フロンターレは、13日のACLグループステージ第4節、敵地でのメルボルン・ビクトリー(豪州)戦に臨んだが、後半アディショナルタイムに痛恨の失点を喫して0-1で敗戦。これで3敗目となりグループステージ突破は絶望的となった。

【PR】J.ZONE PLUSでしか見られない名預言者!解説者水沼貴史氏が感じる「入るシュートの感覚」とは?

 川崎は、先週末のJリーグ第3節・G大阪戦から中2日という状況もあって、疲労を考慮してメンバーを大きく変更。FW小林悠やMF阿部浩之をベンチスタートにし、久々の先発出場となったFW大久保嘉人を軸に据える布陣で重要な一戦に臨んだ。一方のメルボルン・ビクトリーは、現役オーストラリア代表FWジェームズ・トロイージやオランダ人FWリロイ・ジョージがスタメンに名を連ねた。

 川崎は立ち上がりから積極的にプレスをかけてボールを回収。そこから左右、中央と多彩な攻撃で相手を攻め立てていく。前半2分、7分と知念が個人で相手を剥がしてシュートを打てば、同10分には大久保がバー直撃のシュートを放つなどチャンスを作っていく。

 ただ、あと一歩のところでゴールが生まれない川崎は、逆に同28分に大ピンチを招くこととなる。エドゥアルドが不用意なバックパスを送ると、ポジションを飛び出したGKチョン・ソンリョンがクリアを狙う。しかし、このクリアが短くなると相手の元へと渡り、そこからシュートを狙われた。これは谷口がゴールライン手前でクリアし、絶体絶命のピンチを防いだが、その後は相手の反撃を浴びるようになり、互いに攻め合う状況の中で前半をスコアレスで終えた。

 なんとしてもゴールが欲しい川崎は、後半13分にダブル替え。小林とDF登里享平を投入して攻撃を仕掛けていく。同27分には小林のパスを受けた大久保がペナルティーエリア内に侵入してシュートを放つも、このシュートはゴール右へと大きく外れた。同32分にはMF森谷賢太郎が大久保とのワンツーからシュートを狙うも、これもGKに阻まれゴールを奪うことができない。

 終盤は互いに前に出て行くも、どちらもシュートをなかなか打つことができずに時間だけが過ぎていき、このままスコアレスドローでの決着かと思われた後半アディショナルタイムに、痛恨の失点を喫してしまう。メルボルンのFWコスタ・バーバルーゼスに決勝点を決められ、川崎の選手はピッチに倒れ込んだ。

 これで1分3敗となった川崎はグループステージ突破は絶望的に。同日に行われる同グループの蔚山現代(韓国)と上海上港(中国)の一戦で、蔚山が勝利した時点で敗退が決まる。

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング