サッカー界に再び悲報… フランス2部トゥールFCの18歳DFが急死

サッカー界にまたしても、選手が急死するという悲報が届いた。フランス2部トゥールFCは、18歳のDFトーマス・ロドリゲスが亡くなったと発表した。

トーマス・ロドリゲスの急死をクラブが発表 仏1部と2部の試合で黙祷へ

 サッカー界にまたしても、選手が急死するという悲報が届いた。フランス2部トゥールFCは、18歳のDFトーマス・ロドリゲスが亡くなったと発表した。

 英公共放送「BBC」によれば、死因はまだ判明していないものの、亡くなったのは現地時間8日未明から9日朝にかけてだと見られている。

 4日にはフィオレンティーナの元イタリア代表DFダビデ・アストーリが、滞在先のホテルで急死するという悲劇が起きた。今度はフランスサッカー界に悲しみが押し寄せている。

 クラブは「トゥールFCはこの悲劇によって打ちのめされている。計り知れないほどの悲しみに陥っています」と公式声明を発表している。

 フランス1部と2部リーグでは週末の試合の前に黙祷が行われる。

世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング