フィオレンティーナ&カリアリ、急逝の伊代表DFが着用した「背番号13」永久欠番へ

アストーリに敬意を表し、フィオレンティーナと古巣カリアリが背番号13を永久欠番に

 セリエAのフィオレンティーナとカリアリは、4日に急逝したイタリア代表DFダビデ・アストーリが着用していた背番号「13」を永久欠番とすることが決まった。両クラブが公式ツイッターで発表した。

 アストーリはウディネーゼとの試合当日の朝に、滞在していたホテルの部屋で亡くなった状態で見つかった。31歳という早すぎる別れにサッカー全体が悲しみに包まれた。

 チームに多大な貢献を示してきたアストーリに敬意を評し、フィオレンティーナと古巣のカリアリはチームのキャプテンだったアストーリの背番号13を永久欠番とすることを決定したという。

 不慮の死を迎えたアストーリだが、人々の記憶からその名前が忘れられることはないだろう。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング