C大阪、ACLブリーラム戦のスタメン発表 Jリーグ考慮で主力温存、メンバー大幅変更

1勝1分でグループ首位に立つC大阪、10日の柏戦を踏まえて一部主力は帯同せず

 セレッソ大阪は6日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第3節の敵地ブリーラム・ユナイテッド(タイ)に臨むなか、スタメン11人を発表した。ここまで1勝1分でグループ首位に立つC大阪は、FW柿谷曜一朗やFW杉本健勇、MF山口蛍などを温存している。

 ブリーラム戦後の10日にJ1第3節の柏レイソル戦を控えているC大阪は、過密日程を考慮され、一部主力組がチームに帯同しておらず、メンバーも大幅に入れ替えた。

 守護神は丹野研太、最終ラインには茂庭照幸、山下達也、酒本憲幸、田中裕介が名を連ねた。また中盤には山村和也、田中亜土夢、秋山大地、山内寛史が入っている。FWとしてヤン・ドンヒョン、山田寛人が送り出された。

 相手のブリーラムは今大会1分1敗の最下位に沈んでおり、グループ最多3失点を喫している。メンバーをガラリと変えたC大阪だが、ユン・ジョンファン監督率いるチームは攻守両面で相手を凌駕し、無失点に抑えつつゴールをこじ開けることはできるか。出場のチャンスを得た選手たちのプレーに注目が集まる。

 C大阪のスタメンは以下の通り。

GK
丹野研太

DF
茂庭照幸
山下達也
酒本憲幸
田中裕介

MF
山村和也
田中亜土夢
秋山大地
山内寛史

FW
ヤン・ドンヒョン
山田寛人

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング