フィオレンティーナ、急逝の伊代表DFと契約延長へ 給与は家族へ寄付に関係者も感銘

31歳で逝去したアストーリ フィオレンティーナは合意していた延長契約を進める決断

 フィオレンティーナの主将で、イタリア代表DFダビデ・アストーリが4日、遠征先のホテルで急逝し、サッカー界に大きな悲しみと衝撃を与えた。クラブは31歳の若さでこの世を去ったアストーリと契約延長することを決め、給与はアストーリの家族に寄付されるという。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」などが報じている。

 フィオレンティーナのアンドレア・デッラ・ヴァッレ会長は、アストーリがすでにクラブとの契約延長で合意し、亡くなった翌日の5日に正式にサインが行われる予定だったことを明かしていた。

 そうした矢先に訪れた突然の別れとなったが、クラブは亡くなったアストーリとの契約延長を行うとセリエAコミッショナーのジョバンニ・マラゴ氏が明かしている。

「彼ら(フィオレンティーナ)はアストーリと契約延長することを決定していた。お金はダビデの家族の支援に使われる。彼らのこの決断はとても尊敬に値するものだ」

 アストーリが今後受け取るはずだった給与はアストーリのパートナーであるフランチェスカ・フィオレッティさんと2歳の一人娘ヴィトーリアちゃんへ寄付されるという。マラゴ氏は「本当に素晴らしい行動」とフィオレンティーナの計らいを称えた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング