元鹿島FWカイオが感謝「日本人は親切」 転機はJリーグ1年目「彼が教えてくれた」

 

ターニングポイントは鹿島1年目、日本サッカーついても言及「選手の能力が高く…」

 日本のJリーグで活躍し、中東クラブに引き抜かれるケースも少なくないが、その一人がJ1鹿島アントラーズで活躍したFWカイオだ。現在UAEのアル・アインに所属する23歳のブラジル人は、日本サッカーについて「選手の能力が高く、ダイナミズムがある」と分析。さらに鹿島1年目が自身にとってのターニングポイントだったと振り返っている。ブラジルメディア「UOLエスポルテ」で語った。

 カイオは千葉国際高校に留学し、2014年に鹿島アントラーズと契約。同年にリーグ30試合8得点の結果を残してJリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞すると、翌15年もリーグ30試合10得点と活躍し、ナビスコカップ(現ルヴァンカップ)では4試合2得点でタイトル獲得に貢献した。そして16年夏にアル・アインへ完全移籍を果たしている。

 新天地1年目の16-17シーズンはリーグ24試合12得点、そして今季はここまでリーグ13試合で3得点7アシストと存在感を放っている。

 そんなカイオの特集を組んだのはブラジルメディア「UOLエスポルテ」だ。「日本で勉強し、プレーした後、ブラジル人はアル・アインで輝く」と伝え、サッカーキャリアも紹介。そのなかでカイオはUAEと日本サッカーの違いについて語っている。

 UAEのサッカーについては「それほどスピードはないが、抑揚があってインテリジェンスで補っている」と感じているという。一方、日本については「プレーヤーの能力がより高く、素早い。いつでもスピーディーで、非常にダイナミズムがある」と称賛している。

 

 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング