注目の18歳新星、元バルサFW愛息が抱く野心「レアルでプレーしたくないなんて…」

クライファート氏の息子ジャスティン、各国強豪も注目の逸材

 欧州フットボールのヤングスター候補として、この半年間で一気に注目度を高めているのが、アヤックスに所属するFWジャスティン・クライファートだ。1990~2000年代にオランダ代表のエースストライカーを務めたFWパトリック・クライファート氏を父に持つサラブレッドだが、レアル・マドリードなどメガクラブ移籍への野心を包み隠していない。

 スペイン紙「マルカ」は、ジャスティンが記者団の取材に応じたと紹介。センターフォワードだった父とは対照的にサイドを主戦場とするジャスティンは、今季のエールディビジで19試合6得点。鋭いカットインからのファインゴール動画は各国を駆け巡り、一気に注目株へと上り詰めている。スペインやイングランドなどの強豪クラブもチェックしているとのことだが、18歳の本人もそうした噂にまんざらではなさそうだ。

「僕にとってはプレミアリーグは行ってみたいところだよ、アーセナル、トットナム、チェルシー、そしてマンチェスター・ユナイテッドは素晴らしいクラブだし、数年後に自分がプレーしていたいと願うクラブだね。だけど、もし僕の代理人がそのチャンスを伝えてきたとしたら、決めるのは僕だし、父さんが干渉することはないよ。父さんだってそんなこと、したくないだろうし」

 このように話したジャスティンだが、父は現役時代にバルセロナで長年プレーしている。それもあってか、こんなことも話している。

 

page1 page2

トレンド

ランキング