“マフレズ騒動”決着へ レスター同僚が復帰を歓迎「いてほしくない理由はない」

右サイドでコンビを組むシンプソンが「僕らは前に進んでいる」と“一段落”を強調

 レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズは、今冬の移籍市場でマンチェスター・シティから届いたオファーをクラブが拒絶したショックから練習欠席を続けていた。しかし、現地時間10日のリーグ第27節シティ戦(1-5)で3試合ぶりに戦線復帰。騒動による不協和音はなく、チームメイトも「彼が戻ってきて嬉しい」とレフティーの帰還を歓迎している。英紙「レスター・マーキュリー」が報じた。

 クラブの対応に不満を示し、練習不参加を続けていたマフレズは1月31日のリーグ第25節エバートン戦(1-2)、3日の第26節スウォンジー(1-1)も欠場。10日のシティ戦も欠場確実と見られていたが、後半17分にFWフセニ・ディアバテとの途中交代で3試合ぶりのピッチに立った。

 チームを率いるクロード・ピュエル監督は「リヤドはチームにとってかけがえのない選手」と中心選手の復帰を歓迎。「全ての選手が好意を持って彼を迎えたよ」という指揮官の言葉通り、チームメイトもマフレズの帰還を祝福した。

 マフレズとは右サイドでタッグを組む関係の右サイドバックDFダニー・シンプソンは「彼はドレッシングルームで、みんなの前に立って話した。もう(移籍騒動)一段落し、僕らは前に進んでいるよ」と語り、練習ボイコットのマフレズとの間にわだかまりがないことを強調している。

「今日(シティ戦)、彼は優れた選手だということ証明した。彼はチームに戻ってきた。そして僕らはそのことを喜んでいる」

 さらに、シンプソンは「彼はトッププレーヤーだ。チームにトッププレーヤーにいてほしくない理由はないだろう?」とマフレズへの絶大な信頼を明かしている。

 指揮官のみならず、同僚からも支持を受けてチームに再び溶け込んだマフレズ。ショックから立ち直り、再びレスターの攻撃を牽引することができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング