リアル日向小次郎!? 本田圭佑が必殺「雷獣シュート」、パチューカ動画公開で反響

無回転FK弾の活躍を受け、クラブ公式が名作「キャプテン翼」になぞらえた動画を公開

 パチューカのFW本田圭佑はメキシコリーグ(リーガMX)後期第5節、本拠地モレリア戦に先発出場し、代名詞とも言える無回転FKで2試合連続ゴールをマークした。後期3得点3アシストと好調の日本人アタッカーをクラブも“前面推し”。6日にはツイッターで「サムライスタイル」と銘打った画像を4点投稿していたが、今度は世界的人気アニメ「キャプテン翼」のキャラクターになぞらえた本田の映像を公開し、反響を呼んでいる。

 本田はトップ下で先発したモレリア戦、1-2と1点ビハインドで迎えた後半15分にゴール正面約28メートルの位置で得た直接FKで強烈な無回転シュートを放ち、相手GKの手を弾いてゴールに叩き込んだ。試合は2-3で惜敗も、後期リーグ5試合で3得点3アシストと好調をキープし、日本代表復帰待望論も巻き起こっている。

 パチューカはクラブ公式ツイッターで「サムライスタイル!」と銘打ち、ホームユニフォームを着用した本田が躍動感あふれるポーズを取り、サムライ風に仕立て上げたという画像をアップして話題を呼んでいたが、10日に“新作”が公開された。

「ケイスケ・ホンダのゴラッソ」とメッセージが添えられた映像は、世界的人気アニメ「キャプテン翼」の日向小次郎とモレリア戦の本田をコラボ。大木を真っ二つに割るほどの威力を持つ必殺技「雷獣シュート」になぞらえ、本田が放った無回転シュートが火を噴いてゴールに突き刺さる内容となっている。

 

page1 page2 page3

ランキング