21世紀屈指のキッカーは? アメフトばりの「ロングパスの名手」動画をリーガ公開

NFLの祭典スーパーボウルにかけて、リーガ公式ツイッターがロングパスの名手を紹介

 フットボールの見せどころは数々あれど、玄人好みのダイナミックなプレーと言えば「ロングパス」だ。リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターは、“あの一大スポーツイベント”に引っ掛け、ロングパスの名手列伝を紹介している。

 リーガが関連付けたのはアメリカンフットボールのNFLの祭典、スーパーボウル(2月4日開催)だ。激戦の末にフィラデルフィア・イーグルスが初優勝を遂げた一戦はアメリカ国内だけでなく、世界各国で注目された。“司令塔”に当たるクォーターバック(QB)が屈強なマーカーに屈せずレシーバーへと的確にパスを通すのが競技の醍醐味の一つだが、それに乗るかのごとくツイッターで紹介されたのは、21世紀に入ってからの世界屈指のロングパサーたちだ。

 まず登場したのは、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム。貴公子として知られた男の最大の武器と言えば、右足から繰り出されるクロスや長距離パスである。映像ではレアル・マドリード時代、インステップキックで右サイドのハーフウェーから逆サイドのペナルティーエリア付近まで寸分違わずパスを配球したり、前線に飛び出した元スペイン代表FWラウール・ゴンザレスの頭にピタリと合わせてゴールをお膳立てするピンポイントパスを選んでいる。

 そのレアルで中盤の底を任された選手と言えば、元スペイン代表MFシャビ・アロンソも印象深い。シャビ・アロンソの才能は下部組織からトップチームに昇格したレアル・ソシエダ時代から群を抜いており、サセンターサークル上のパスから抜け出した味方への決定機を創出、といったパターンは十八番だった。もちろん、レアルでもそのキックによるサイドチェンジで攻撃を活性化した。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング