5本に1本以上の高確率! 英誌発表の「FK成功率TOP20」、堂々の1位に輝いたのは?

メッシやネイマールらがランク外の一方、各国のFKの名手が並ぶ

 サッカーにおいて「得点の3割はセットプレー」と言われるように、コーナーキック(CK)やフリーキック(FK)は勝敗を左右する大きな要素だ。歴史を紐解いても、数々のFKの名手が存在し、チームの勝利に貢献してきた。

そんなFKによる得点、成功率を世界中のスポーツデータを取り扱う「STATS」が算出。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」は、2013-14シーズン以降に欧州トップリーグでFK20本以上を蹴った選手を対象に「FK成功率トップ20」を発表した。

 意外にも、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(6.25%)やバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(6.67%)、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(12.2%)らは落選。トップ20には各国のFKの名手たちが名を連ねた。

 13位に入ったバイエルン・ミュンヘンのスイス代表DFダビド・アラバは、42本中6本を決め、成功率は14.29%。ユベントスのボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピャニッチは76本で11ゴールを沈め、成功率14.47%と12位にランクインしている。

 

page1 page2

トレンド

ランキング