ブラジル代表MFの“20万再生動画”が反響 ふわりと浮かせタックル回避「なんてこった!」

上海上港オスカル、ACLプレーオフでテクニック披露…動画をインスタグラムで公開

 爆買いにより世界中からタレントをかき集めている中国リーグは、その存在感を近年増している。上海上港に所属するブラジル代表MFオスカルもその一人で、欧州から中国移籍を決断した際には話題となった。そんなアタッカーも今季で在籍2年目を迎えるなか、自身の公式インスタグラムに動画をアップ。鮮やかなテクニックで相手を手玉に取るプレー映像が約20万回再生されるなど反響を呼んでいる。

 上海上港は1月30日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)本戦出場を懸けたプレーオフでタイのチェンライ・ユナイテッドFCと対戦し、1-0で勝利。この結果、川崎フロンターレ、蔚山現代(韓国)、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と同組に入った。

 オスカルは31日に自身の公式インスタグラムを更新すると、チェンライ戦の映像を公開。左サイドのタッチライン際でボールを受けたオスカルだが、トラップと同時に目の前にいた相手がボール奪取を狙ってスライディングタックルを仕掛けてきた。かわす余裕はないかと思われたが、後方からのパスを左足で受けると同時に素早く右足でふわりとボールを浮かし、タックルを仕掛けた相手の頭上にボールを通して難なく局面を打開してみせた。

 ブラジル代表MFの妙技に返信欄では「これを見て」「怪物!」「魔法」「なんてこった!」「中国リーグの王様」と絶賛のコメントが並んだ。一方、まだ26歳と老け込む年齢ではないだけに、「欧州リーグに来て」「チェルシーに戻って」「才能を無駄にしないで」など、古巣チェルシーや欧州への帰還を待ち望む声も届いている。

 上海上港には、元ブラジル代表FWフッキ、中国リーグで二度得点王に輝いたFWエウケソンも在籍し、強力なブラジル人トライアングルを形成している。オスカルは卓越したテクニックで川崎をはじめ、日本クラブを苦しめることになりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

page1 page2

トレンド

ランキング