リバプール10番の後釜候補にミランFWスソが浮上 “本田の元ライバル”を英紙が絶賛

コウチーニョの後継者として下部組織出身の“忘れ去られた男”を推す

 リバプールはブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを移籍金1億4200万ポンド(約214億円)で放出する一方、代役の補強が急務となっている。そして10番の後継者として、ACミランでFW本田圭佑(パチューカ)とポジションを争った技巧派レフティーの復帰が急浮上している。英地元紙「リバプール・エコー」が報じた。

 同紙がコウチーニョの穴を埋める補強特集の中で、MFマヌエル・ランシーニ(ウェストハム)、MFハキム・ツィエク(アヤックス)、FWナビル・フェキル(リヨン)、FWロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)とともに候補者5人に名前を挙げたのは、ミランで無双状態のスペイン代表FWスソだった。

「忘れ去られた男、スソ」と記事では紹介している。かつてリバプールの下部組織でプレーしたレフティーについて、「スソはアカデミーの王冠の宝石だった」と振り返っている。2012年にトップチームに昇格したが、「スピードに欠けるものの、卓越したボールコントロール、1対1でディフェンダーを打ち破る能力、そして左足の魔法の杖が彼にはあった」と、その能力は高く評価されている。

 だが、2013年1月にインテルからコウチーニョを獲得したことで、スソはアンフィールドで忘れ去られてしまった。アルメリアへの期限付き移籍を経て、2015年1月にミランに加入。本田とポジション争いを展開したが出場機会を手にできず、16年1月にジェノアへ半年間の期限付き移籍をすると才能が開花した。6ゴール4アシストの活躍を見せて16年夏にミランへ復帰すると、ヴィンチェンツォ・モンテッラ前監督はそれまで右ウイングの定位置を手にしていた本田を外し、スソをエースの座に据えた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  6. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  9. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」