「13年振り!?」 引退の石川直宏が感激、小野伸二と共演2ショット「相変わらず…」

 

石川がインスタグラムで小野との2ショット写真公開、アテネ五輪以来の共演プレー

 

 2017シーズンをもって現役引退を発表したJ1・FC東京の元日本代表MF石川直宏が自身の公式インスタグラムを更新。「天才」と称するJ1北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二と共演を果たし、「一緒にプレーしたのはアテネ以来かな。13年振り!?」と報告している。

 

 石川は今季途中に現役からの引退を決断し、以前には「6月下旬にクラブへその意思を伝えさせていただきました」と説明。キャリアのなかで度重なる負傷の影響もあり、約18年間のプロ生活に終止符を打つことになった。

 

 惜しまれながらスパイクを脱ぐことになった石川だが、子供たちとのイベントでかつて共闘した先輩の小野とプレーしたことを自身のインスタグラムで伝え、2ショット写真もアップしている。

 

「伸二さんと 一緒にプレーしたのはアテネ以来かな。13年振り!?」

 

 2004年のアテネ五輪で石川は代表に選出され、小野はオーバーエイジ枠として出場し、グループリーグ第3戦のガーナ戦(3-0)で同じピッチに立ってプレー。この試合には勝利した日本だが、小野が2ゴールを決めた第1戦パラグアイ戦(3-4)、第2戦イタリア戦(2-3)の連敗が響き、グループリーグ敗退となった。

 

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング