ルーニー、“超絶ロング弾”が11月ベストゴール選出 ファン感嘆「クールすぎるシナリオ」

ウェストハム戦で決めた55m超ロングシュートがプレミアの11月ベストゴールに選出

 プレミアリーグは現地時間15日、11月の最優秀選手とベストゴールを発表。今季エバートンに復帰した元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、第14節のウェストハム戦で見せた約55メートルのスーパーロングシュートが最優秀ゴールに輝いた。エバートン公式ツイッターは受賞を祝うメッセージを動画付きで投稿し、ファンから「クールすぎるシナリオ」「彼は生きるレジェンドだ」と改めて称賛の言葉が寄せられている。

 ルーニーが、“ルーニーらしい”輝きを放った試合だった。

 11月29日の第14節ウェストハム戦に先発出場したルーニーは、前半18分にPKのこぼれ球を押し込んで先制点を奪取。その10分後には、右サイドのクロスに対してペナルティーエリア外から全速力で走り込んでフリーになり、右足で蹴り込んで2点目を決めた。

 そして極めつけは後半21分。ウェストハムのイングランド代表GKジョー・ハートがペナルティーエリア外に飛び出しスライディングでクリアするが、グラウンダーのボールがセンターサークル付近で待ち構えていたルーニーのもとへ。これをルーニーは迷うことなく右足ダイレクトでキックすると、ライナー性の一撃がゴールマウスへ一直線に向かい、ウェストハム守備陣も呆気にとられるスーパーゴールで自身6年ぶりのハットトリックを達成した。

 

page1 page2 page3

トレンド

ランキング