ハリル監督、海外メディアで“ロシアW杯後”に言及 「有望なオファーが届いている」

母国の隣国クロアチアメディアで語る ロシアW杯で日本に「できるだけ最高の輝きを…」

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、韓国、北朝鮮、中国が参加するE-1選手権に出場している。ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ組み合わせも決まり、徐々に“本大会モード”に入りつつあるが、指揮官は大会終了後の“身の振り方”について言及したという。クロアチアメディア「Sportske Novosti」が報じた。

 目下、ハリルジャパンの目標はコロンビア、セネガル、ポーランドと同居するW杯グループリーグを勝ち上がることだが、ハリルホジッチ監督が母国ボスニア・ヘルツェゴビナの隣国クロアチアのメディア「Sportske Novosti」のインタビューで、大会後のビジョンを口にした。

 記事によれば、「ロシア(大会)の後、あなたは日本を去るのか?」と質問されると、ハリルホジッチ監督は「たぶん、イエスだ。私の契約は満了となる。代表チームとクラブから、もっと有望なオファーが届いている。しかし、私は契約を投げ出すようなことはしない。この計画は日本をロシア大会に連れていく。そして、できるだけ最高の輝きを示すことだ。その次には違う道に向かうことになるかもしれない」と語ったという。

 リール、パリ・サンジェルマンなどフランスのクラブで手腕を発揮し、2014年ブラジルW杯ではアルジェリア代表をベスト16に導いた実績を持つハリルホジッチ監督。ロシア大会後を見据えたオファーも、すでに届いているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング